一級技士達が、最新鋭加工設備を駆使し、短納期をお約束します。大阪の試作部品加工メーカー 株式会社アスク

新着情報

月別一覧

2013年07月の記事一覧
2013年07月31日(水)

地元枚方市より感謝状をいただきました

地元枚方市より感謝状をいただきました7月5日に当社の自社開発商品で、小型軽量の電線皮むき機「電線マン」が優秀環境装置賞におきまして「中小企業庁長官賞」をいただきましたが、さらに地元枚方市からも7月31日に「感謝状」をいただきました。
枚方市の竹内市長も同席で激励と表彰をいただきました。
これを励みに社会に貢献できる剥離機を目指して頑張ります。

このページのTOPへ

2013年07月12日(金)

電線マン見学会を開催しました

電線マン見学会を開催しました本日、午前10時から午後4時まで
当社エントランスの展示場、剥離機開発部門ならびに電線マンを活用して電線剥離をされている障がい者施設様での剥離作業見学、電線ビジネス導入説明会などを開催させていただきました。
北は長野県、南は沖縄県から遥々大阪まで18企業、21名様がご参加くださいました。

特に障がい者施設での「ナマ」の剥離作業風景は、かなりのインパクトがあったようです。

これを機に、障がい者施設と協働しながら電線に含まれる銅の付加価値をアップしていただき、電線マンを通じてリサイクル環境と福祉環境が出来れば当社としては最高です。

ご興味のおありの方はぜひご連絡ください。

このページのTOPへ

2013年07月05日(金)

電線マン ADM-K05が「中小企業庁長官賞」を受賞

電線マン ADM-K05が「中小企業庁長官賞」を受賞日本産業機械工業会主催
「第39回優秀環境装置表彰」で
電線マン ADM-K05が「中小企業庁長官賞」を受賞

 潟Aスクの自社開発商品の電線マンの7機種から「細径ハーネス線が簡単・安全に剥離出来る」ことで人気のADM-K05(通称:ハーネスくん)が、一般社団法人 日本産業機械工業会が主催する「第39回優秀環境装置表彰」におきまして「中小企業庁長官賞」を受賞しました。
この優秀環境装置表彰事業は、環境保全技術の研究・開発、ならびに優秀な環境装置などの普及促進を目的に経産省の後援で39年前にスタートし、専門審査委員会で独創性、経済性、将来性などの観点から審査され、経済産業大臣賞や中小企業庁長官賞などが選ばれる事業です。
昨年の11月末に応募をし、1次審査をパス、3月には実際に電線マンを活用してくれている障がい者施設での実地審査と最終プレゼンテーションを経て今回の「中小企業庁長官賞」の受賞に至りました。

今回受賞した電線マンは、当社相談役の肝いりの機種で、従来の当社製の剥離機とは全く異なる方式を採用し、超小型軽量、簡単操作と高い安全性を実現できたこと、実際に障がい者施設での導入事例も高く評価されました。

今回の受賞を励みとして、電線に含まれる「銅」のリサイクル技術とリサイクル環境、また、障がい者施設における自立支援と就労環境のさらなる向上に力を注ぎ、環境と福祉に貢献していきます。

このページのTOPへ