一級技能士達が、最新鋭加工設備を駆使し、短納期をお約束します。大阪の試作部品加工メーカー 株式会社アスク

試作人衆
安心と品質で選んでいただくために

アスクでは、さらなる技術・知識の向上、そして技術力の高さ、信頼性の高さを証明するために国家検定取得に取り組み始め、1級技能士の育成に力を入れております。社内外での実技訓練などを通じ、お客様へ短納期で安心の品質をお届けできるよう日々技術の研鑚を図り、真の技術集団を目指しています。

努力に勝る天才はナシ
資格取得年: 2008年
職種名: マシニングセンタ
メッセージ

1級技能士だからといって今までと特に意識が変わることはありません。ただ、自分に身に付いた技術・知識で1級技能検定に合格したのは嬉しかったですね。今後ともお客様に喜んでいただける品物を加工させていただけるよう、常に技能向上と効率的な作業展開を考え仕事に取り組んでいきます。

メッセージ

私のグループは主に鉄・SUS系の材料をマシニング加工しています。私を含めて3人で7台のマシニングセンタを効率良く稼動させ、さらなる短納期加工を目指して日々頑張っています。

何事にも前向きに
資格取得年: 2008年
職種名:

数値制御フライス盤作業

メッセージ

もの作りの楽しさは、苦労して苦労して作って出来上がった時の達成感です。困難な加工にも失敗を恐れずトライして行く事で達成した時の喜びが大きく、そしてその積み重ねが自分の技術になって行きます。今まで積み重ねた技術を駆使し「お客様に喜んでいただける部品を作りたい」という思いで日々努力して目標達成に向けて全力で取り組んでいます。

継続は力なり
資格取得年: 2008年
職種名:

数値制御フライス盤作業

メッセージ

まずは最初にどんな図面でも“出来ない”と言う発想を持たないように心がけています。苦戦したり、ミスすることもありますが、その経験が次のステップに必ず生きてくることを1級技能士取得以後、より実感しています。以前に苦戦した品物をより早く、高品質に完成させた時に自分の成長を実感でき、さらに良い物を作っていきたいというモチベーションが生まれてきます。それは一朝一夕ではできない事だと思うので、スキルアップは継続して達成するものだと思いながら精進していきます。

誰もやりたがらない仕事をする。
資格取得年: 2008年
職種名:

フライス盤作業

メッセージ

難しい図面が製品として出来上がりお客様に喜んでもらったときの達成感、自分のなかでの目標加工時間より早く出来たときの喜び、上司にねぎらいの言葉をかけて貰った時の嬉しさ、を求め日々精進しています。フライス盤作業をやり始めた時に上司から「イマイチ」「加工が遅い」と言われことをバネに、さらなる技術向上を目指し短納期加工を心掛けています。

出来る出来る必ず出来る やる気があれば必ず出来る
資格取得年: 2009年
職種名:

ワイヤ放電加工作業

メッセージ

決められた納期の中で図面通りの加工をするのが私の使命です。加工にはいろんなやり方がありますが無駄のない効率が良い加工方法を日々考え、昨日より今日、今日より明日と技術の向上を目指し、仲間と協力しながら目標を達成、し、良い品物を納期通りにお客様にお届けさせていただきます。

メッセージ

SKD SUS S45C CU BS アルミなどの材質で複雑形状やテーパー加工、上下異形状内歯・外歯、マシニングの後加工、形状切り、キー加工を中心に切削加工等ではできない箇所の加工を行います。前後の工程担当者とよく打ち合わせて短納期で高品質加工を心掛けています。

感動 CAN DO!
資格取得年: 2006年
職種名:

機械検査作業

メッセージ

部品加工や品質検査にとって最も重要なのは「読図能力」ではないでしょうか。設計者からのメッセージがすべて詰まっている図面の中の情報を見逃さずにしっかりと理解し対応することが加工者や検査員には求められます。図面の描き方は設計者の方やお客様によって異なりますので経験とノウハウを生かしながら、ミスのない安心の品物をお客様にお届けできるよう、読図能力を高めながら仕事に取り組んでいます。

メッセージ

検査班ではお客様に安心、安全な製品をお届けできるよう校正された測定器を使用し、検査に取り組んでいます。ノギスやマイクロメーターといった常用測定器は自社で1年  に1度。三次元測定器や表面粗さ測定器、投影器は2年に1度メーカー校正しています。その測定器を使用し1点1点確実に検査しています。加工現場で使われている機械はどれだけ高額で高性能でも、操作するのは人間ですのでミスはつきものです。そこで検査班では工程間チェック、出荷前チェックをしてお客様に安心して使用していただけますよう日々「製品を正品に!」をモットーに検査しています。

不言実行
資格取得年: 2011年
職種名:

機械板金作業

メッセージ

モノ作り=モノ「創り」だと考えており、驚くほど小さな品物や寸法公差の厳しいもの、難しい加工などを手順、工法など自分でイメージしながら手がける時は自然と笑みがこぼれていたりします。そして、自分のイメージ通りに完成したときの喜びと、達成感は何ともいえません。加工をしている時こそ、私にとって一番楽しい時間です。また、お客様から感謝の言葉を頂いた時などは、また、がんばろう!と言う気持ちになります。これからも、努力し積み重ねてきた知識と、発想力を駆使し、喜んでもらえる製品作りが出来る加工者になろうと思います。

メッセージ

私の部署は、板金3名、仕上げ1名の計4名で各担当作業を決めていますが、個人個人が部署内の作業が一通り出来るよう多能工に育成しています。状況に応じて手が足りない箇所に直ぐ手助けに行くことができ、目的達成のために一つになれる「いいチーム」です。

迷わずゆけよ行けばわかるさ
資格取得年: 2011年
職種名:

数値制御旋盤作業

メッセージ

私はターニングセンターという複合旋盤を駆使して加工するなかで旋盤加工用工具とミル加工用工具を限られた使用可能本数の中で、如何にワンチャックで製品完成度を上げていくかを考え、日々精進しています。それが、工程短縮、つまりお客様のご要望する納期に答えることになると思うのです。

1級取得はゴールではなく、驕らず貪欲に他の技術者の方々の知識やノウハウを吸収できるものは、どんどん取り入れたいと思っています。

笑う門には福来る
資格取得年: 2011年
職種名:

フライス盤作業

メッセージ

私は現在、5軸加工を主に担当していますが、精神力や技術力が今のままでは満足できず、レベルアップを目指して日々の業務に取り組んだ結果、1級技能士になることが出来ました。

これからもチャレンジ精神を忘れず、お客様に喜んでいただけるような加工ができるよう頑張っていきたいと思います。

大局観
資格取得年: 2012年
職種名:

機械板金作業

メッセージ

私が担当している「曲げ加工」は特に、理論的な部分以上に感覚的な部分が必要であると感じています。
基本的な加工知識はもちろん、それに加えて感覚的な部分を多くの経験を積み重ねながら自分のモノにすることが高い技術力を身につけるということだと考えています。 なかなか思うようにいかなかったことが出来るようになった時は、技術力がついてきたという充実感がありますね。
これを機に、より多くのお客様のご要望に対応できるようスキルアップを目指していきたいと思います。

考えるな、感じろ!
資格取得年: 2012年
職種名:

フライス盤作業

メッセージ

加工の時に難しい、簡単は関係なく、いつも心掛けているのは図面通りに加工するのはもちろん、図面に書いてあることだけが全てではなく、お客様が本当に必要とされている品物を図面から感じ、満足して頂けるモノを作ろうと心掛けています。
私は、入社1年目から5軸加工機を担当させて頂いていて、早くから色々な難しい仕事にチャレンジさせてもらっていますが、経験豊かな熟練工から学ぶことも多く、常に経験から学ぶ姿勢を忘れず、新しいことにチャレンジする向上心を持ち、技術力アップに励みたいと思っています。

Do it now!-今すぐやれ!-
資格取得年: 2012年
職種名:

数値制御旋盤作業

メッセージ

私は、モノ作りをしていくなかで、単純な加工であっても常に新しい加工方法や効率化を模索しながら、着実かつ円滑に加工が出来る様、創意工夫をプラスしたモノ作りを行う事を心掛けています。
特にアスクは短納期での加工が多いので「すぐに実行」する心構えで、単なる加工や作業ではなく「仕事」をできるようになりたいと思っています。

一日一歩
資格取得年:2007年 職種名:マシニングセンタ作業
資格取得年:2010年 職種名:数値制御フライス盤作業
メッセージ

一級技能士は、自分にとって通過点だと思っていますし、また、それに恥じないような仕事をするという自分に対する戒めだと考えています。 2014年の春からは、真の多能工を目指して新たにNC旋盤班に異動し、歩み始めました。
 まだまだ自分より上の技術者はたくさんおられるので、そういう方々の技術や知識を自分のものに出来るよう努力し、お客様に満足していただけるようなモノづくりをしていきます。

このページのTOPへ