LINEでお問い合わせ

ブログ

2021.12.08 | ブログ

とんぼ加工って?気になる疑問にお答えします!

おはようございます!先日テレビ番組で製造業が取り上げられていたのですが、その番組の中で「とんぼ加工」というワードが出ていました。
とんぼ加工?となったのでとんぼ加工について解説していきたいと思います!
聞いたことある方も聞いたことがない方もぜひぜひご覧ください♪

必達試作人
必達試作人
短納期の金属加工は大阪のアスクへ!

とんぼ加工とは

とんぼ

とんぼ加工とは、1工程加工後にワーク(材料)を反転させて加工する事です。

例に挙げると、100mmの穴深さを片側から削ることが難しい場合、片側から50mm、反対側から50mm削ります。
これをとんぼ加工と言います。

なぜとんぼ加工というのか?調べてみると様々な説がありました。
説の中でしっくりきたのは、「とんぼの形がシンメトリー(左右対称)であることから」です。
調べる前からそういうことなのかなと勝手に想像していたので、この説を見たときはやっぱり!となりました。

とんぼ加工の注意点

とんぼ加工は1工程での加工ではなく、2工程での加工となり、工程を分ける必要があるので、高精度加工にはあまり向いていないという点です。

工程を分けると、
「ワークを再チャッキングしたときの誤差」「ワーク原点の誤差」
が発生します。

なので、1工程目の加工と、とんぼ加工をした2工程目での加工とでは、100分代(0.01mm)の誤差が出ます。
穴加工だと、バカ穴・キリ穴などのおおざっぱな穴なら問題ないですが、H7公差のリーマ穴加工だとNGになります。

また、外形の切削や溝加工でも、とんぼ加工をして0.01mmでもずれていると、1工程目と2工程目の交差するギャップが発生するので、NGになりやすいです。
このようなことから、高精度を要求される加工品でのとんぼ加工は注意が必要です。

試作全国対応!
簡単・最速1時間お見積り

アスクならこんなお困りごとを解決します!

  • 他社では納期が間に合わないと言われた
  • 急な設計変更があった
  • 他社ではできないと言われた
  • 海外調達品の手直し・追加工
今すぐ無料でお見積りを依頼する

もっとアスクの事を知りたい!という方は
こちらもご覧ください!

株式会社アスク

【この記事の著者】

株式会社アスク 営業部

小ロット・小物部品の製作を手掛け、手のひらサイズの部品製作を得意としています。国家検定1級技能士が多数在籍し、一日でも早く製品をお届けするためお見積りの回答は最速1時間!
知っているようで知らない加工に関する知識をお届けします!

他、ブログ記事もご覧ください♪

動画の投稿もしておりますので良ければご覧ください♪